ビーグルの適正体型と食生活

ビーグルの食生活と飼い方

viepuyvefor.ml 大きな垂れ耳が可愛らしいビーグル。

ビーグルは食欲がものすごくあり、 neynesromatwa.cf 太りやすい犬種と言われて います。

これからビーグルを飼う方、飼い始めたての方は、ビーグルの 平均体重、肥満度、食生活などは事前に知っておく事が大切です。

この記事ではビーグルの適正体型と食生活についてご紹介しま す。

thaistonimse.gq ➡︎愛犬に絶対に食べさせてはいけない食べ物

ビーグルの適正体型は?

ビーグルの適正体型

犬によって個体差はあり一概には言えないのですが、ビーグル の 標準体重は7kg~12kgで、標準体高は35cm前後となっていま す。

しかしこちらは原産地のイギリスの場合です。

日本の場合はオスメス共に
体高が33cm~38cm

体重が8kg~14kg

とJKCにより認定されています。

しかし上で紹介した体高や体重は、あくまで平均的なものなので、平均体重を超えていても、その犬には適した体重という場合もあります。
なので、体重だけでは肥満かどうかを判断する事は難しいのです。

もし愛犬が肥満なのか調べたいときはBCSというのを参考にし てみてください。

➡︎見て触って確かめよう/愛犬のボディコンデション

ビーグルの食生活は?

ビーグルの食生活は?

ビーグルの食事回数

・生後3~4ヶ月の場合1日3回~4回
・生後4~6ヶ月の場合1日3回
・生後6~8ヶ月の場合1日2回
8ヶ月以降の場合 成犬用のフードに切り替えて1日2回

ビーグルはよく食べるのでエサを出したら出しただけ食べてし まうことがあります。

飼い主さんからすれば、よく食べてくれるのは安心なのかもしれませんが、肥満になる可能性が高くなるのでそこから病気に繋がるケースもあります。

なので肥満にならない為に、ビーグルのエサの適量を知ってお くことが大切です。

今回は一般的によく使われる算出方法を紹介致します。

体重から割り出す方法

体重の2.5%の量が適量とされています。

カロリーで表すと体重1kgあたり50~110カロリーの計算になり ます。

※注意 これは成犬の場合の計算になっています。 成長期の子犬の場合は約2倍とされています。

シニア期の老犬の場合は2~3割少なめに与えるといいでしょ う。

パッケージの記載量を目安に

お店で売っているフードの場合はパッケージに給仕量が記載さ れているものがほとんどです。

記載されている量を目安に愛犬の運動量や太り気味ではないか などを考慮して、エサの量を決めていってあげましょう。

係数から計算する

これは年齢や月例、体質などの係数を利用します。 そして1日に必要なカロリーを割り出すのです。

次のような式を使います。

・安静時の必要エネルギー=70×適正体重の0.75乗

・1日の必要エネルギー=安静時の必要エネルギー×ライフステージ係数ライフステージ係数は4ヶ月まで→3.0

・4ヶ月以降体重増加が止まるまで→2.0

・避妊、去勢をしている成犬→1.6

・避妊、去勢をしていない成犬→1.8

・肥満気味の場合→1.2~1.4

ビーグルの体重管理

ビーグルの適正体重
適度な運動

1日2回で朝晩の散歩が一般的に望ましいと言われています。

最低でも1日1回は外に出してあげて運動や気分転換の時間を設けてあげましょう。

雨などで外に出せない場合は、室内でボールなどを使い遊んで あげる事が大切です。

適切な食事

ご飯の量を減らしてあげたり、ダイエット用のものに変えてあげるのがオススメです。

しかしご飯の量や内容を変える場合は、消化器の負担を減らすために少しずつ変更していきましょう。

➡︎ビーグルの特徴を知ろう!!

まとめ

ビーグルの適正体型と食生活

飼っている犬種の適正体重や食生活を知っておくことはとても大切です。

食べることが大好きなビーグルですが、食べ過ぎると肥満になり病気に繋がります。

可愛いのでついついエサをいっぱいあげてしまう気持ちもわかりますが、飼い主さんがしっかりと管理してあげ、適した食生活を送ってあげましょう。

合わせて読みたい記事